HOME > 旭染色㈱

Special Thanks

旭染工株式会社概要

このサイトを制作するにあたり、ご協力いただきました旭染工様をご紹介いたします。 旭染工会社概要

※サイト管理者よりお願い※
手拭いの製作などは、直接旭染工様までご連絡をお願いいたします。サイト管理者ではご回答できません。
ご理解のほど、宜しくおねがいいたします。

ゆかたは、もともと入浴のとき身にまとったもので、平安時代の湯帷子(ゆかたびら) にはじまる。
当時は蒸し風呂であり、必ず身に(ひとえ)の衣をまとって入浴し、素材は麻であった。やがて、これは入浴用
を湯上り用に分析した。
江戸時代に、銭湯が普及するにつれて、湯上り用に中柄の文様を染めた、木綿の単を着ることが流行し、その後、
外着にも用いられ、今日に至っている。
江戸時代からの染め技法は長板中形の技法があるが、今日では明治初期頃考案された注染中形の技法が多く用い
られている。これは、長板中形を合理的にしたもので量産にむき、二色以上使う差し分けや、濃淡多色の細川染め
など、多様な染めができる。